2011.11.03 Thursday

秋の味覚2

 もう11月。とは言え 今日は汗がにじむ様なお天気です。

柿



立派な柿でしょう。
鳥取には 柿が沢山あります。
西條、新平、花御所、西村早生、平ごねり、富有柿EtC
これは 西條のようですが、さきがとんがっているので違うかもしれません。
でも 渋柿なので、


干し柿



干し柿にします。
楽しみです。


むかご



これは むかごです。
山の芋や自然薯 長いもなどの蔓に咲いた花が実になったものです。
ちいさなじゃが芋のようです。

すり鉢で ゴロゴロすって 表面に少し傷をつけます。
そして 砂糖とお醤油で甘辛く煮ます。

むかご2


ちょっと あおくさいような、えぐいような 不思議な味です。
朝ご飯にお出ししています。


穂紫蘇


そしてこちらは、紫蘇の実を佃煮にしたものです。
焼き魚の付け合せや、箸やすめに、とても美味しいです。
ただ 入れ歯の人は、粒が小さいので顎にはさかるのがつらいようです。


そして お知らせ

ラッキョウ畑


今 砂丘はラッキョウの花の咲き頃です。

ラッキョウの花


とても 可憐な花です。
見頃は2週間くらいですので、どうぞお越しください。


ラッキョウ畑2


畑の中のあるポイントに立つと 360度ラッキョウ畑とゆうところがありますよ。
探してみてください。
2011.08.04 Thursday

初夏の手作り 終了

 暑い毎日が続いています。

常天にご宿泊される方に、まずお聞きする事が、
「熱いお茶と、冷たい麦茶、紫蘇ジュース、どちらがよろしいですか?」
お客様のお好みで、お出ししてます。


紫蘇ジュース


この頃の一番人気は 紫蘇ジュースです。
六月から、七月はじめにかけて出回る 
赤紫蘇に砂糖と クエン酸を加えて 手作りのジュースです。
毎年こしらえて 暑い時にお出ししております。
紫蘇の爽やかさと、クエン酸が疲れをとってくれます。


ドクダミ茶


そして 麦茶。
とは言え、これには、干したドクダミ(自家製)、番茶、そして麦茶をミックスしています。


山椒の佃煮


他にも自家製の作り置きがあります。
山椒の佃煮です。
ウナギの蒲焼の付け合せです。
茎から実が落ちないよう工夫して、時間をかけて仕上げます。


らっきょう



六月には、鳥取特産の砂丘ラッキョウの甘酢漬け。
一年ぶんを漬け込みました。



梅干



そして 最後が梅干の土用干し。
6月に塩漬けし、紫蘇漬けしたものを、壷から取り出して三日三晩の土用干しです。
今日で三日目。今晩もう一晩干して、明日は また壷にもどします。

らっきょうも、梅干も、朝ご飯にお付けしております。
2011.06.10 Friday

夏の訪れ 2

 5月いっぱいで カニ漁(ベニズワイ)も終わり、
お昼のちらし(630円)も夏バージョンになりました。

先日お知らせしましたように、マグロが獲れていますので、
生のマグロを使う事が多いようです。


岩ガキ


岩ガキも解禁になりました。
これも天然、養殖ではありません。


お手軽に召し上がっていただく為に、
昼ちらし+岩ガキセット(1050円)を メニューに加えました。

少し 小ぶりのカキではありますが、鳥取の夏の味覚を味わってみてください。
2011.06.07 Tuesday

夏の訪れ 1

 先週は こ寒い日もあって 恥ずかしながら掘りごたつに火を入れてました。
でも 今週は暑いようです。
寒暖の差に 体調を狂わさないように 皆様もお気をつけください。


マグロの頭


とは言え 鳥取の港にも確実に夏は来ているようです。

これは クロマグロの頭!

境港で水揚げされたものです。
捌いて 我が家で食べました。
鉄火どんぶり、刺身、甘辛味で煮付けなど。
沢山食べるところがありましたよ。
この時期 スーパーにも生のマグロが並びます。
鳥取ならこそですね。

去年は最初に いっぱい獲れたのですが、あとが続かなくて・・・・・
今年は 最早昨シーズンの総量をこえたようです。

どうぞ 天然なまのクロマグロを 召し上がりにおいでください。
2011.04.01 Friday

松露が手に入りました

 砂丘の松林に自生する松露が手に入りました。

松露


近くの産直のお店に出ています。
今年は採れないのかな、 と 思っていたのですが、今日見つけました。
大きい物で 親指ぐらいです。
去年は 3月の初旬に出ていたのですが、今年は少し遅いようですね・・・・

松露は とても珍しいようです。
昔は砂丘の松林で、遠足の時に採ったとゆうような話(60代後半の方)も聞きましたが、
今は めったにお目にかかることありません。

鳥取は 良い意味で田舎なので、貴重な自然の恵みを頂けるのだと思います。

早速 茶碗蒸しに しいたけの代わりで使います。
お値段は いつもどうり420円です。
時期は いつまでと言えませんので早い目にお越しください。
2011.02.27 Sunday

白ハタを干しました

 鳥取の冬の味覚の小結(私的に) 白はた

白はた

生きがとても良いので 干してみることにしました。


白はた2

鰓の部分に指を入れて 内蔵を取り出します。
血合いもきれいにあらいます。
そして 塩を全体にふり 1時間強ねかします。

白はた3


風通しのよいところで 干します。
我が家は 物干しで・・・・・・

いい具合にできるでしょうか?

白はた4


バッチリでした。

今回は午前中に干したので、翌日の朝の客さんの朝御飯にまにあいました。
本当の 一夜干しだったので、
身はやわらかく 頭からしっぽまで、また骨までも食べれました。

白ハタと 秋田のハタハタは同じ魚です。
が、とる時が違います。

秋田はハタハタが岸近くに産卵しに来たときに獲られます。
産卵前なので 魚体も大きいようです。
そして 腹に持っている「ブリコ」と呼ばれる卵を珍重されます。

鳥取では、青谷町の沖合の日本海を回遊中の白ハタを底引き網で獲ります。
秋田のハタハタに比べると 小さいですが、
脂ののりが良いので、とても美味しい魚です。

今回 シュゴ(下ごしらえ)をするのに、
エラのところにトゲがあるので、
私の白魚のような指(?)は 傷だらけになりました。
でも美味しくできたので、満足してます。
2011.02.01 Tuesday

カレイの子まぶり

 昨日 今日はあまり雪もふらず、お日様も顔をだしてくれる 良い日です。
でも、やはり寒いです。
毎回 毎回 雪便りなので、今日は美味しい話をいたします。


大がれい


冬のとっとりの代表的な魚、大ガレイです。
下のは 小ぶりなぶんです。

大ガレイのお腹のところに、オレンジ色がすけてみえるのがわかりますか?
これは、カレイの子です。
つまり たまご。
今時分のカレイは 子を持っていて、煮てもとても美味しいものです。

でも今回は、刺身での食べ方です。
カレイのまぶり 読んで字のごとく、
身に 子をまぶして食べます。

作り方です。

5枚おろし

まず、カレイを5枚おろしにします。

大がれいの子


このとき子はよけておきます。
〔これは 大ガレイ2匹分です〕

子を湯がく


子を湯がきます。

湯がいた子


充分湯がけたら、しっかりと水気をしぼります。

子


桶に広げ たまごを被っているふくろを取りさり 冷まします。

切身


さて、身のほうは・・・・・
皮をひいて、

刺身


食べやすい大きさの刺身にします。

子まぶり


そして、先ほどの湯がいた子をまぶしつけて出来上がり。
刺身の前盛などで、召し上がっていただきます。
一度に子のもっちり感と 身の歯ざわりが楽しめます。
冬の鳥取ならではの 刺身だと思います。

煮物


こちらは 煮付けです。
一緒にたいた大根がまた美味しいものです。



恵方巻きのご予約 お待ちいたしております。
2010.12.18 Saturday

またまた 鍋

 先日 鮟鱇鍋をご紹介しましたが、
今日は、寿司屋には不似合いな、

ピリ辛とり鍋を おつたえします。


ピリ辛とり鍋


これは、とり鍋と料理数品のセットですが、
とり鍋だけでも、OKです。
ご覧のように、だしが赤いでしょう。
ピリ辛味噌仕立てなのです。
 お肉はもちろん、たっぷりの野菜も しっかりと召し上がれます。
野菜不足、やさいが苦手な方にみも、お薦めです。
そして、〆に中華麺を だしに投入、
ラーメンほどのつゆはありませんが、
おじや感覚でなべ底まで・・・・・・・

ヘルシーで エコな鍋です。

お一人さま2,500円で お二人様より 予約お受けいたします。
2010.11.24 Wednesday

白兎神社にちなんで

先日 白兎神社をご紹介しましたが、
今日は白兎神社にちなんだお菓子をお知らせします。


落雁 白兎のちぎり

白兎のちぎりと名づけられた 落雁です。
開いてみましょう。


白兎のちぎり

紅白の可愛いお菓子です。
説明書を読む前は、杵をかたちどったのかな? と思いました。
うさぎと言えば お月様、そして餅つき・・・・・
でも、はずれ!


白兎のちぎり2

ご覧のように、建築用語のちぎりからとってあるんですね。
そういえば、建物にこのような形の埋まったのを見た、かすかな記憶があります。
人のお付き合いに使う言葉だと思っていましたが、面白い事を教えてもらいました。
白兎神社が 縁結びの神様なので、このようにされたのでしょうね。

白い方は、ほのかに梅の香りと味がして、紅い方は普通の落雁でした。
とても美味しくいただきました。

また おみくじも入っていて、楽しかったです。
恋占いですので、良縁を求めておられる方、
ぜひ来年の初詣に白兎神社に お参りされて、
このお菓子を召し上がってみられては、いかがでしょうか・・・・・

良いご縁にめぐりあえるかも!
2010.11.08 Monday

カニが解禁になりました。

いよいよ、鳥取の冬の始まりです。
松葉がにが解禁になりました。


親ガニ

これは親ガニです。生です。
親ガニとは 松葉がにの雌です。


湯がいた親ガニ


湯がきました。
お腹の 赤いの分かりますか?
卵です。外子と呼ばれています。
親ガニは 小さいので、身を食べるのは なかなか面倒です。
この子が美味しいのです。中にも内子があります。


親ガニの味噌汁

でも 鳥取人は このように親ガニを味噌汁にして食べるのが一番と思っています。
大根をいっぱい入れて・・・・
カニのだしが 大根に良くしみこんで。
私は大根があれば カニはなくてもいいくらいです。

お泊りの方にも、召し上がっていただきたくて、親ガニプラスプランを新しく作りました。

勿論 雄の松葉ガニの鍋でお食事をしていただく事も出来ます。

ぜひ 味わってみて下さい。
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM