<< 常天が 大家さんになりました? | main | 「アイリス」続編 鳥取 ロケ決定 >>
2010.05.24 Monday

鳥取市の名木 1

去る5月15日 鳥取市主催の 「名木・古木観察会」に参加しました。

市街地から 40分程山地に上がったところに
国府町上地とゆう所があります。「かみち」ではありません。「わぢ」と読みます。


上地のヤマナシの木

ヤマナシの木です。高さ20メートルほどあります。
決して20世紀梨の原木ではありません。
こんなに 大きいのは珍しいそうです。

上地のたんぼ

振り返ると、棚田ではもう田植えが済んでました。
高度があるので、はやく田植えをするんですね。


酒賀神社

こちらは 酒賀神社の神殿
紋が 九枚ざさです。我が家と一緒。

酒賀神社

読みかた 難しいでしょ。「すが神社」と読みます。
こちらには、25メートルもある杉の大木が ご神木でした。

酒天童子の彫り物 はっきり撮れなくてご免なさい。

この神社のあるところは、とっても山奥です。
今は 人家も少なく、どうして このような所に、
こんな立派なお社があるんだろう???・・・
と思いました。


木原神社

山を下ってきたところの 木原神社です。
ここには 5本の杉がご神木として植えられていたそうです。
推定樹齢 400年


大杉(木原神社)

40メートルもの大木で、地上5メートルのところで、二つに分かれ
夫婦杉とよばれていたそうです。 が 先年の大風で折れてしまったそうです。

大杉(木原神社)切り株

今は切り株が残っています。たたみ四畳くらいありそうです。
スクッと 立っている姿が見たかったです。
残念!








コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM