<< カレイの子まぶり | main | 雪景色 >>
2011.02.04 Friday

雪景色

昨日は 節分
 常天でも 豆まきをし、恵方巻きと塩いわしを食べ、
そして、いわしの頭を玄関に挿し、年中行事をしました。

先週にくらべて、今週は暖かくお日様が顔をみせてくれれいます。
道路の雪も よく溶け出しました。

でも、これから紹介するのは、とっとりのゆきげしきです。

2月2日 観光マイスターの講習で
仁風閣、観音院、鳥取砂丘など見学してきました。

お堀の鵜


まずは 城跡 石垣の上に鵜がいるのがわかりますか?
お堀水の上には、薄氷がはっています。
このすぐそばに、

鳥取の桜の基準木


鳥取の桜の開花宣言の基準木があります。
が、木が折れたり、裂けたりしているのが なんとも可愛そうです。
今年の雪は、重くて多くて人も木も大変でした。

坂下門


ここは、坂下門 残念ながら昭和50年頃再建されたものです。
雪が深いため 登城はあきらめました。

城の石組み


下から城郭を見上げると、石垣がカッコイイ・・・・

仁風閣


そばに 仁風閣があります。
明治時代につくられた、洋館です。
設計者は赤坂御所、京都国立博物館、奈良国立博物館なども作られた方です。

仁風閣


中には、見学者の足が寒くないようスリッパが用意されています。
〔このフワフワ、なんとも家庭的〕

大正天皇が皇太子の時に 鳥取にこられました。
その宿泊所として、元鳥取藩主の池田家が自費で建築されたものです。

中には 池田家の資料や、大正天皇の資料などが展示されています。
勿論 建物自体も明治の香りをしっかりとかもしだしています。

今回私は、新発見をしました。
それは 東郷元帥の 
「天気晴朗なれど波高し」と言う 有名なことばについてです。
東郷元帥から書が送られていて、
〔東郷元帥は随行の責任者だったようで、感謝の気持ちで書を
当時の副県知事にあたる方に、下さったようです。〕
その書に 起草 秋山真之とされていました。
恥ずかしながら私、起草の意味がわからず、こんがらがってしまいました。

東郷元帥の書に、なんで秋山真之が・・・・?
〔私の頭の中では、渡哲也と本木がグルグル〕

つまり あの有名な言葉は秋山真之氏が考えたとゆうこと。

ドラマ 坂の上の雲で名前をおぼえたばかりの、戦争音痴の私には、新発見でした。

仁風閣後ろ姿

これは、仁風閣の後姿。
池では、ハクセキレイが氷の上を歩き回っていました。
カメラを望遠でとることのできないので、写真はありません。

久松山


内堀を渡って 振り返ると、城山 久松山が・・・・
前の建物は、先日 所さんの番組で紹介されていた、鳥取西高等学校です。
お城の中にある、由緒ある学校です。
つづく
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM