<< 荒木又右衛門と玄忠寺 | main | 東北・関東大震災 >>
2011.02.27 Sunday

白ハタを干しました

 鳥取の冬の味覚の小結(私的に) 白はた

白はた

生きがとても良いので 干してみることにしました。


白はた2

鰓の部分に指を入れて 内蔵を取り出します。
血合いもきれいにあらいます。
そして 塩を全体にふり 1時間強ねかします。

白はた3


風通しのよいところで 干します。
我が家は 物干しで・・・・・・

いい具合にできるでしょうか?

白はた4


バッチリでした。

今回は午前中に干したので、翌日の朝の客さんの朝御飯にまにあいました。
本当の 一夜干しだったので、
身はやわらかく 頭からしっぽまで、また骨までも食べれました。

白ハタと 秋田のハタハタは同じ魚です。
が、とる時が違います。

秋田はハタハタが岸近くに産卵しに来たときに獲られます。
産卵前なので 魚体も大きいようです。
そして 腹に持っている「ブリコ」と呼ばれる卵を珍重されます。

鳥取では、青谷町の沖合の日本海を回遊中の白ハタを底引き網で獲ります。
秋田のハタハタに比べると 小さいですが、
脂ののりが良いので、とても美味しい魚です。

今回 シュゴ(下ごしらえ)をするのに、
エラのところにトゲがあるので、
私の白魚のような指(?)は 傷だらけになりました。
でも美味しくできたので、満足してます。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM