2009.02.26 Thursday

うに

水道の水が冷たく感じられます。
(日差しは春なのに。)
おそらく、山の雪がとけてきているからでしょう。


酒の津のうに


これは、常天でお出ししている「ウニ」です。

市内の酒の津で採れたものです。

ウニの漁師さんの話では、雪の少ない年はウニの身入りが悪いそうです。
山から流れ出る水が少なく、山の養分を、わかめ等の海藻がとれず
発育が悪くなり、それで海藻を食べるウニも身が入りにくくなる。
と ゆう事だそうです。

今年はどんなもんでしょう。

この話を聞いた時、自然とは何とデリケートなんだろう と思いました。

少し暖かくなってきて、水がめっちゃ冷たく感じると、
毎年この事を思い出します。

寒い時は寒く、暑い時は暑い、あたりまえが大事なんですね!


おしらせ

28日(土曜日) 1日(日曜日)は休ませていただきます。
2日(月曜日)からは営業いたします。
2009.02.23 Monday

もさえび

先日ピンチヒッターで寿司場に出ました。


もさえび


その時えびの殻を剥くことになりました。
一見死んでいるかに見えたのですが、
剥いているとビチビチッと跳ねるんです。
もうビックリ。必死で逃がさないようにし
無事寿司ネタに変身させました。
鳥取では今の時期、もさえびがとても美味しいです。
寿司は勿論、さしみでも。
うちでは、身を食べられたあと、頭を塩焼きにしてお出ししています。

もさえびは、すぐ身が黒くなるので遠方に届けられません。
県外の方、ぜひお越しになって召し上がって下さい。

この写真を撮る時にも、動きまわって困りました。
2009.01.31 Saturday

海鮮鍋

今日は十畳の座敷で会食会がありました。
まちつくりレデイース鳥取の皆さんです。(許可を得て載せさせて貰っています。)


海鮮鍋


メニューは海鮮鍋と、お寿司。
サービスで、金柑の甘煮の寒天寄せ。

鍋の魚は、かに(若松葉)、鯛のかしら、はまぐり、め鯛、でした。
写真は、四名様盛りです。

鳥取で、今とっても元気なお姉さま方の集まりで、町を楽しく、生き生きとする為に活動されています。
市街地の色んな商店街から、寄り合い、業種も色々。
私は世間が狭いので、少し仲間に入れて頂いて、嬉しいひと時をすごさせていただきました。(写真協力有り難う御座いました。)

皆さん、まちつくりレデイース鳥取、注目ですよ!
2008.12.21 Sunday

鮟鱇鍋

この前は、蟹鍋と鳥鍋を紹介しましたが、今日は鮟鱇鍋をお届けします。





鮟鱇は一般ではあまりなじみが無いと思います。
身が柔らかく、まな板の上ではメタボのお腹みたいにプヨンプヨンしています。コラーゲンたっぷりでとても美味しい鍋になってくれます。

身をはずし、骨も柔らかいので食べ易い大きさに切って、鍋に入ります。
良いだしが出て、噛むと髄が美味しいです。
皮ときもは、さっと湯引きしてあります。

画面で黒く見えるのが皮、少しオレンジぽいのがきもです。
薬味をきかせて特製ポン酢で召し上がれ!







さて、話は変りますが、今日は冬至。お夕飯には南瓜を(中風にならないように)、お風呂にはゆずを浮かべよう(風邪を引かないように)と思っています。

そしてもう一つ、「鳥取砂丘イリュージョン此廚20日から始まりました。1月3日までです。
私はまだニュースでしか見てませんが、砂丘に幻想的なイルミネーションに包まれた風景が、浮かび上がっています。
31日には年越しカウントダウンも行われるそうです。





2008.12.13 Saturday

蛸の話




生の蛸です。常天では蛸は生きたのをしめて使います。






生だこの造りはタイミングが大事です。
かわを剥いて、身はそのままで、いぼの所はさっと湯がきます。
(湯がいても吸盤は吸い付きます。)
歯ざわりが茹でたことは、全く違います。ぜひ味わってみてください。





これは、湯がいたものです。寿司ねた、酢の物、たこぶつ、などで召し上がって戴きます。



 
2008.12.02 Tuesday

なまこ

なまこをつけました。中付けで、お出しします。



なまこ


生のなまこです。このままではつけれません。





塩でもんで、ぬめりを取ります。そしてもう一手間かけます。


nなまこ


すると、この様に小さくなります。調味した酢につけてねかせて出来上がりです。


なまこ


写真がきれいに撮れているのは主人の撮影、ヘタなのは私(おかみ)の撮影です。ごめんなさい。


追伸です。
先日紹介した、放浪のお絵描きおじさんが無事、下関に到着されました。
沢山の素敵な絵が載っています。ぜひ訪れてみて下さい。

2008.11.26 Wednesday

鳥鍋のはなし




今日は鳥鍋です。すし屋で鳥鍋、なんか変ですよね!

このメニューには、少し訳があります。
とても親しい常連さんが、何か変ったのがないか?と言われ、家用、そして長期の泊まりのお客さんに出していた鍋を、出させていただいたのです。 するとその方からの口コミで注文が来まして、本格的に品書きに載る事になってしまいました。
みそベースで少しピリカラです。お肉も美味しいのですが、野菜がとても美味しくなります。写真は二人前ですが、沢山野菜がついているでしょう。 でもみなさんペロリと食べられます。
〆は、中華麺を入れて、おだしもきれいに食べられます。

寒い時、体が温まり元気になれる鍋です。
お二人様からお受けします。
料金は、部屋代、税金込みで、お一人様2520円です。

ぜひ、お試し下さい。なお、前日までにご予約ください。

2008.11.10 Monday

カニの季節

かにが解禁になりましたね。
心持寒くなったと思うのは私だけででしょうか。

早速、親がにを湯がきました。
身がスルッとぬけて美味しいですね。


ゆでた親がに
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM